2011年

8月

07日

トランスフォーマー ダークサイドムーン

今日は、トランスフォーマーの3作目、現在公開中の

トランスフォーマー ダークサイドムーンについて熱く語りたいと思います!

ネタバレ注意なので、まだ映画を観てない人は見ないように!!!
(見たいなら見てもいいです♩)

もう見たよ、という方は、熱く語り合いましょう!!!!!!!!!!笑 






さて、今回で映画トランスフォーマーシリーズは3作目を迎えます。


私は何を隠そう、この3作目を2度も映画館で観ています。1回目は字幕版、2回目は吹き替え版で観ました。

まずこの違いにおいての感想から。


吹き替え版、、、、、、、、、、、



もう残念で仕方がない!!!!!!!!!!!!!!!!!


2回目だから思うのかも しれませんが、吹き替えの声優さんが、明らかに映画、及び英語独特の表現を理解できてないので、明らかに間合いとか、表現方法とかおかしい!!!

というか、下手すぎです!!! 本物の英語版と比較するからかもしれませんが、なんかもう声を聴いてて残念で仕方がないのです、、、、、、

オプティマス役の声の担当の方は、ターミネーターなどのシュワルツネッガーの声の担当の方で、なかなかいい声もしててベテランなのですが、今回に関しては残念でしたね〜 いい声がもったいない! 全然あれじゃオプティマスになりきれてません。 がっかりでしたね。


そしてもう一つ大事なことが。

それは、トランスフォーマーで使われている英語がいかにおもしろく、かっこよく、感動的かということです!!!!!

何がおもしろく、かっこよく、感動的かというと、まずはあの英語なのです!!!

サム役のシャイアラブーフも、演技も当然バリバリにうまいのですが、彼の英語がたまらない! ためといい、表現といい、話し方といい、間合いといい、もうどれを取っても完璧なのです。

そして今回は控えめでしたが、レノックス大佐、及び、エップス、そしてなんといってもオプティマスの英語のかっこよさといったらもう!!!!!!!!! あんな英語話してみたい!と思うばかりです。

あれが、ここぞというときに、ズバーン!!!ときまって感動が2倍にも3倍にもなるのです。

今回は家族団らんということで家族で観に行くことになって、親が3Dだと字幕だと文字を追うのに疲れる、という理由で、吹き替え版にしたのですが、もし迷うのなら、字幕版を選ぶべきだと思います。

吹き替え版はなんだか映画が全く別のものになってしまった感覚さえ覚えてしまいます。

若者は字幕版を観よう!!!!!!!!!

そしてトランスフォーマーの英語を覚えるとレベルアップできそうです♩






さ、ではパッションが気になったポイントをいくつかあげていきましょう。


まずはなんといっても、ミカエラ役のミーガンフォックスの降板です。


気づけばヴィクトリアズシークレットでもおなじみの伝説的トップモデルのロージーハンティントンの登場です。


あれ、、、、ミカエラの代わり?

と思った方もたくさんいるはずです。


実は、ミーガンフォックスは、監督のマイケルベイや撮影スタッフたちとの確執により、降板させられてしまったらしいです。 彼女もまだ子供だから、とコメントされてるみたいです。。。


その代わりに急遽ヘッドハンティングされたのが、この絶世の美女。

もうミカエラがいる設定で脚本作りは進められていたので、本当に直前になっての変更とまりました。よって、若干不自然ではありますが、ミカエラにふられて、新しくこのロージーと付き合った、ということになってます。(ストーリーを追うと不自然な点が発生してしまっています。。。が仕方がない!)


んーー、これだけの人気シリーズなので、個人的には、こう新しいスター誕生のような意味で、トップモデルをトランスフォーマーで起用、というのは非常に有意義なことだと思います!

彼女の演技が映画をぶち壊さないかが、映画を観る前の不安でしたが、意外とそつなくこなしていました! 演技の才能、あるかもしれないですね!

そして、立ってるだけで、見つめてるだけで、ほんとに絵になります、、、、、笑

ロージーハンティントン
ロージーハンティントン


そしてロージーについて、ひとつおもしろいものを発見。


実はロージーの彼氏さん、


あの有名な俳優のジェイソンステイサムです笑

トランスポーターシリーズ、シルベスタスタローン監督のエクスペンダブル、昔をさかのぼれば、スナッチでブラピとも共演している今や大物アクション俳優です!

ジェイソンステイサム
ジェイソンステイサム






さ、映画から離れてしまったので、話を戻します!

この映画のなにがすごいか。


それはずばりドラマチックな展開です!


うさんくさくならないように、物語を展開することです。


映画は疑問を持たれたらおしまいです。

いかに自然にストーリー運びをするか。

その点ではトランスフォーマーはなかなかうまいです。

 

 

つっこめば、あれ?となるところを何度も観てれば発見してしまうのですが、それはさておき、話の展開がとてもドラマチックです!

ハラハラドキドキを作りだすのはこの展開のうまさでしょう!



まず、 センチネルの裏切り。


ここで落とされます。


アイアンハイド死亡。


アイアンハイドファンはもうほんとに死にたくなったことでしょう。


そしてオートボットの追放。


さらにまた落とされます。 


絶体絶命のサム。


そこでオプティマス登場!!!!!!!!!!!





!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





ここから、やられてピンチになっては、オプティマス、及び、バンブルビーの活躍、そしてポンコツちび兄弟すら大活躍して、興奮は最高潮に!!!!!!



これですよね〜〜〜〜 どれだけ感情移入できるかも勝負ですが、ここもばっちりおさえてる。 文句なしです。


強いて文句を言えば、キャラが出てきてもパパッと画面が変わるので、わからない人には全くなにがおきてるのか、どのキャラなのかがわからない。 あげくの果てには敵か味方なのかもわからない。
まあそこはついていくしかないですよね笑

2回目にしてやっと全員の顔と名前のキャラが一致しました。いえい!



しかし、レノックス大佐達がヘリから飛び降りて、モモンガーってなる作戦だけはどうも納得できません。。。。笑




最後に、僕の大好きなキャラ発表!!!!!!!


それはずばり、サイドスワイプです!!!!!!!!

今回はそれほど活躍しませんが、パート2での序盤、上海編での鮮烈な登場にしびれました!!!!!!!!!!!!


これからぜひ注目してください。

車は、シルバーのシボレーコルベットです♩

 

サイドスワイプ♩
サイドスワイプ♩




そして最後の最後に!!!!!!


今回初登場の、ディーノというキャラが猛烈にかっこいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


車は、赤のフェラーリ458イタリアです。

もう車からしてかっこいいし、ちょっとイタリアなまりってのもしゃれてる♩

スタイリッシュな戦い方が超いかしてます!


残念なことは、他のどんな敵キャラでもおもちゃ化してるのに、ディーノにはおもちゃがないのです!!!!!!!!!!!!!!!

ハスブロさん、がっかりです!!!!! なぜですか!???????



僕が必死に言いまくって、実現させたいと思います。 



 

ディーノ♩
ディーノ♩
フェラーリ458イタリア♩
フェラーリ458イタリア♩




もっともっといくらでも語りたいことがあるのですが、今日はこのへんで♩


トランスフォーマー愛好会作ろうかな? (ちょっと本気です)




ーパッション 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    セツ (月曜日, 08 8月 2011 02:15)

    トランスフォーマー、見たことないけどちょっと気になっちゃったなぁー(^-^)
    イタ車がイタリア訛りだなんて細かいね!
    てか俺は字幕で英語聞いてもそこまでわかんないなw
    英語話せるようになりたーい!

  • #2

    パッション (火曜日, 09 8月 2011 21:44)

    ぜひ観てみてください!!!!!! もともといいものがどんどんかなりよくなっていくシリーズものは珍しいです! 
    いやあ映画の英語はやっぱしびれますよ〜〜 映画観てれば絶対にマスターできます! 

  • #3

    モモ (月曜日, 19 9月 2011 12:37)

    はじめまして。自分もトランスフォーマーのような変形メカが大好きです!
    自分もディーノがかっこよくて欲しい!と思って調べていたのですが、どうも海外では一応パッケージまで出来上がっているみたいです。(一応確認できただけなので本当に発売されるかはわかりません・・・年内に発売のウワサもあるそうですが、はてさて本当に発売されるのやら・・・)
    個人的にサイドスワイプも大好きです!本当にカッコよすぎですよね!
    個人的にはリベンジ仕様のほうが好みなのですが玩具はすごい値上がりを始めていますね…。チェックするのが遅れていたせいで買い逃してしまいました。
    映画は一応完結、ということですが個人的にはロディマスを主役にしたりすれば続編を作ることも可能だと思うのでぜひやってほしいですね!

What's New



ブログを熱くするためにワンクリックお願いします!!!

にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ
にほんブログ村

 





Twitterボタン